ビキニライン黒ずみの原因を探る

acbac9e8f7d2b4a5c2f55723e1119e29_s

女性にとってビキニラインの黒ずみというものは深刻な悩みですね。デリケートな悩みだからこそ、なかなか人に相談できない悩みでもあります。

ビキニラインの黒ずみはパンティラインに沿って発生します。
肌の基本的な構造としては、肌は摩擦を受けると防御反応によってメラニン色素を発生させて、角質層を厚くすることによって肌を守ろうとします。これが色素沈着になって黒ずみが残り続ける原因となっているのです。
またビキニラインというのは体の中でも特に皮脂線が少ないため肌が乾燥しやすく、ツヤがなくなって黒っぽく色素沈着につながっていきます。
水着のサイズが合っていなかったり、下着やデニムが肌に密着したものばかり履いていると黒ずみになりますので、摩擦の少ないやわらかい素材の着用や余裕のある下着を履くように心がけてください。
ビキニラインにオイルやクリームを塗りこむことで滑らかにし、摩擦を少なくすることもできます。
黒ずみの原因としては摩擦の他にも炎症といったものが考えられます。
汗やおりもの、生理用品によるムレで皮膚にかぶれや炎症が起こります。その炎症もまた肌の防御反応によって色素沈着を招き、角質層を厚くしてしまうのです。
女性は普段から無駄毛の処理をされている方が多いと思いますが、誤った脱毛方法によって肌を傷つけ、それによって炎症や摩擦による黒ずみが発生する原因にもなります。市販されている商品も近年はその黒ずみ防止のために肌にやさしい構造のものが多いですが、無理やり毛を抜いたり、肌を傷つけてそこに細菌が入ったりすると黒ずみがひどくなるケースもあります。脱毛は自己流ではなく、正しい知識を身につけることがとても大切なことです。そして炎症が起こった際にはすぐに炎症を抑える薬を処方してもらうようにしましょう。

また女性はホルモンのバランスによってデリケートゾーンが黒ずんできたり、肌にシミやそばかすが出来やすくなったり、体の変化が現れます。この妊娠期に起こる体の変化はごく普通のできごとで、出産後ホルモンの値が正常に戻ればこれらの黒ずみも自然と治ります。

ビキニラインの黒ずみを避けるには何と言ってもまず摩擦を避けること。次にもしなってしまったら、ビキニラインの黒ずみに効く化粧品が多数販売されていますので、最も効果的な薬品でケアすることが大切です。
あまりにひどいケースや炎症が現れた際にはすぐにクリニックで受診してください。専門的な薬の処方や個々に合ったアドバイスを受けることができます。
美しい肌、とくにデリケートな問題は早めの対処が解決と防止につながります。

ビキニライン黒ずみを治すために必要なこと